症状から探す

症例一覧

症状
食欲がない

鎮痛薬の誤食

人間用の解熱鎮痛薬をペットちゃんが誤って飲み込むと、重篤な症状が出ることがあります。注意しましょう。

施術詳細を見る

犬の甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は中~高年齢の中~大型犬に多く、無気力や元気低下といった症状がみられます。投薬によって治療します。

施術詳細を見る

異物の誤食

「異物の誤食」では、特に消化されずに消化管内で詰まったり刺さるなどして体にダメージを与えることがあります。物が詰まった場合、ほとんどの症例で「嘔吐」症状を起こします。症状や発生状況などの聴取、身体検査より異物の可能性を疑ってゆきます。中毒や膵炎なども頻回の嘔吐を起こす疾患の代表格なので血液検査を実施してあらゆる可能性から徐々に原因を絞ります。画像診断は異物の発見にはかなり有効です。

施術詳細を見る

猫の食欲不振と肝リピドーシス

猫が食欲不振に陥ると、肝臓がダメージを受けることがあります。肥満している猫ほどその危険は高くなり、肝リピドーシスという状態に陥りますので、注意が必要です。

施術詳細を見る

仔犬の体調不良

小さい仔犬は体調を崩しやすく、下痢や嘔吐、低血糖などがよく起こります。

施術詳細を見る
5 / 512345