症状から探す

症例一覧

症状
咳が出る

低アルブミン血症

姿勢変換による呼吸促拍とえずきを伴う咳を呈した症例を検査したところ、胸腹水の貯留と低アルブミン血症が認められた。 今後早急に検査治療方針を決定し加療していく予定である。

施術詳細を見る

僧帽弁閉鎖不全症の治療中に二度目の肺水腫を起こした症例

7月から肺水腫から離脱していたが僧帽弁閉鎖不全症症例が再度の肺水腫を起こし加療中である。

施術詳細を見る

腹膜心膜横隔膜ヘルニア

猫の腹膜心膜横隔膜ヘルニアに遭遇したので報告する。

施術詳細を見る

循環器の病気

循環器疾患のお話 循環器疾患は、早期発見、投薬により、病気の進行や症状の発現遅らせることができます。

施術詳細を見る

犬の肺水腫

心不全が悪化すると、肺に水がたまる肺水腫という状態になることがあります。

施術詳細を見る

フィラリア予防

蚊を介して感染する寄生虫、フィラリアのお話です。 蚊の唾液に含まれるフィラリアの子虫(ミクロフィラリア)は蚊の吸血によって犬に感染し、駆徐されないまま犬の体内で成長すると、3~4カ月後には心臓に移行します。

施術詳細を見る