症状から探す

症例一覧

症状
呼吸が荒い

低アルブミン血症

姿勢変換による呼吸促拍とえずきを伴う咳を呈した症例を検査したところ、胸腹水の貯留と低アルブミン血症が認められた。 今後早急に検査治療方針を決定し加療していく予定である。

施術詳細を見る

肺高血圧症

肺高血圧症により胸水および腹水が貯留した症例です。

施術詳細を見る

リンパ腫疑い

呼吸速迫を呈した猫に対してリンパ腫と暫定診断の上、試験的な化学療法を実施し現在は小康状態を保っている。

施術詳細を見る

僧帽弁閉鎖不全症の治療中に二度目の肺水腫を起こした症例

7月から肺水腫から離脱していたが僧帽弁閉鎖不全症症例が再度の肺水腫を起こし加療中である。

施術詳細を見る

脾臓血管肉腫

脾臓の腫瘍が破裂し緊急手術を実施した症例です。

施術詳細を見る

誤嚥性肺炎

嘔吐物を誤嚥し肺炎を起こした症例です。

施術詳細を見る

胃拡張捻転症

胃拡張捻転症は大型犬において多く認められ、食後の急な運動による胃の捻転と胃の拡張に起因する緊急性の疾患です。

施術詳細を見る

犬の乳腺腫瘍(肺転移症例)

未避妊の雌犬で最も多く発生する乳腺腫瘍について。この腫瘍は早期の避妊手術にて予防することが可能です。

施術詳細を見る

猫の多発性嚢胞腎

猫で遺伝性に発生する多発性腎嚢胞の症例について。

施術詳細を見る

肉芽腫性髄膜脳炎疑い

肉芽腫性髄膜脳炎(GME)について 生前の確定診断が難しく、脳病理検査によって確定診断がされます。 MRI検査で検討をつけて、内科治療で治療経過を追っていきます。 今回はGMEと診断した一症例を紹介します。

施術詳細を見る
1 / 3123