症例詳細

誤食による緊急内視鏡摘出

種 類 シーズー
年 齢 約4歳
診療科目 外科 
症 状 2日前におもちゃの破片を誤食した疑いがあり、当日夕方に嘔吐でその後しばらくは息がつまったような状態になっていた。
症例の概要

異物誤食の症例で、催吐処置のリスクがあったために全身麻酔下で内視鏡摘出を実施した。

検査結果

スクリーンショット 2019-12-26 9.41.56 スクリーンショット 2019-12-26 9.42.09

近医の超音波検査にて胃内異物を指摘されていたが、当院においてもやはり単純X線撮影にて異物が確認できた。

 

 

治療方法

IMG_1971 IMG_20191224_214407

オーナー様と相談の上、催吐処置での呼吸困難リスクを回避し安全に摘出するために全身麻酔下での内視鏡処置を実施した。

稟告と画像所見に合致する異物を摘出した。この異物以外では著変は認めなかった。

 

術後の経過

摘出後は麻酔覚醒も良好であり、1時間後には元気にしっぽを振っていた。

症例について

本件では幸いにも摘出ができたが、内視鏡の強度や異物のサイズ感からはかなりギリギリでありもう少し大きかったり表面が滑りやすい異物誤食では胃切開に移行した可能性がある。十分な注意が必要である。

また、治療側としては、稟告にない別の異物が存在する可能性も念頭に置きつつ検査を進めることが重要である。

獣医師 木村

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 診察時間
淀川中央動物病院の案内へ