症例詳細

肺高血圧症

種 類 チワワ
年 齢 14歳8ヶ月
診療科目 内科  循環器科 
症 状 腹囲膨満、呼吸促拍、食欲不振、元気がないとのことで来院
症例の概要

肺高血圧症により胸水および腹水が貯留した症例です。

検査結果

心雑音4/6を聴取

Xray、エコー検査にて胸水および腹水が見られた。

中井ひなXray1 中井ひなXray2

心エコー検査にて僧帽弁逆流と三尖弁逆流を認めた。

各種計測を実施。LA/AO1.79、LVIDDN1.25、肺動脈速度53.6㎝/s、三尖弁逆流速度490.2㎝/s、E波147.8㎝/s A波140.2㎝/sであった。

中井ヒナ心エコー6 中井ヒナ心エコー5

中井ヒナ心エコー1 中井ヒナ心エコー2

中井ヒナ心エコー3 中井ヒナ心エコー4

 

治療方法

胸水の抜去を実施。

ピモベンダンとシルデナフィルを開始した。

以降、貯留の程度を見ながら適宜胸水の抜去を行った。

また、状態に合わせてシルデナフィルを増量し、スピロノラクトンを追加した。

術後の経過

投薬開始後、元気、食欲、呼吸状態は改善。

胸水を抜去する日数も徐々に延長しています。

胸水の貯留を完全になくすことは難しいが胸水抜去のペースを落としQOLの維持を目標としていきます。

今後、定期的に心臓の状況を確認しながら投薬量をコントロールする予定です。

 

獣医師 山田

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~18:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ