症例詳細

皮膚糸状菌症

種 類 猫mix
診療科目 内科 
症 状 野良の子猫を保護し、カビの検査をしてほしいという理由で来院されました。
症例の概要

皮膚糸状菌症は人にも感染します。

検査結果

ダーマキット(真菌培養)で2週間培養した結果、培地は赤変し、白色短絨毛状コロニーが確認できました。

さらに、前肢後肢の先端を痒がるということで毛刈りしたところ、腫れと赤みが認められました。

治療方法

まず第一に、糸状菌は人にも感染するということに注意しましょう。感染時の糸状菌は、主に爪や毛に侵入し生息しています。特に若齢や多頭飼育の場合に多く、基礎疾患や薬剤によって免疫抑制状態になると感染しやすくなり、発症するケースが多く報告されています。

治療としてシャンプー療法(マラセブシャンプー)を2日に1回、ニゾラールローションを毎日、イトラコナゾールの内服を1日1回行っています。また、環境中の消毒は徹底して頂くように指示しています。

治療開始から1週間後の検診にて、顎に感染が波及しているのが認められ、シャンプーとニゾラールローションを顎にもして頂くよう指示し、再度環境中の消毒をより徹底して頂くようお願いしました。

さらに治療開始の1か月後の検診では、顎の感染はまだ認められましたが、前肢後肢の先端からは腫れと赤みはすっかりなくなりました。

その後、2度目の真菌培養にて陰性が出たため、残りのイトラコナゾールを飲み切りで治療完了としました。

症例について

国内での主な真菌症には皮膚糸状菌症以外に、マラセチア皮膚炎、カンジダ症、アスペルギルス症、クリプトコッカス症、ムコール症などさまざまありますが、多くは人にも感染するということに注意しましょう!

皮膚糸状菌症は一般的に予後は良好です。しかし、基礎疾患や免疫力が低下していると治療が困難になることがあります。

とにかく一度感染してしまうと治療を完了するまでとても大変なので、感染部位が増えない為にもしっかりと予防しましょう。感染した動物は同居の動物とは隔離し、汚染物を除去、消毒することが何よりも大事です。

獣医師 日向野

 

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~18:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ