症例詳細

猫の角膜穿孔

種 類 猫 mix
年 齢 不詳
診療科目 内科 
症 状 2~3日前から目やにが増え、本人も気にして掻いている
症例の概要

  

検査結果

外見では分からなかったが、下瞼を押さえて奥まで見てみると角膜が穿孔していることが確認できた

IMG_1305

治療方法

院内で抗生剤注射投与

また、本猫の血清を分注し、抗生剤点眼液と混和させて目薬を

自宅で点眼してもらうよう指示

 

術後の経過

血清+抗生剤点眼をはじめ三日後に穿孔部分は塞がった。

IMG_1338

結膜炎が続いていたので非ステロイド点眼も併用した結果、結膜炎は改善され、

一か月後には白く靄は残るものの キレイなった。

目もしっかり開くようになった。

IMG_1544

視力に関しては、若干見えているようす。

 

症例について

本症例は元々野良猫だったとのことで、角膜穿孔の原因は他の猫とのケンカが考えられます。

外に行かれる猫には誰しも起こりうることです。

充分に注意しましょう。

 

獣医師 香西

 

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~18:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ