症例詳細

猫の好酸球性皮膚炎

種 類
年 齢 10才
診療科目 内科  皮膚科 
症 状 部分的な円形脱毛、皮膚のびらんが全身性に認められる。
強い掻痒感で常に舐めており、部分的に膿んだ状態。
症例の概要

好酸球性皮膚炎は猫の皮膚炎でもかなり稀な疾患です。
自己免疫疾患の一つであり、確定診断は病理診断となります。
多くはないが見落とされがちな疾患であるため、鑑別診断を考える際には念頭に入れておく必要があります。

検査結果

ou ou1

皮膚スタンプ検査にて多数の好酸球、球菌およびマラセチアが認められた。

治療方法

好酸球性皮膚炎を基礎疾患として、球菌およびマラセチアの二次感染を起こしたと考え、まずは抗真菌薬でマラセチアに対する治療を行い、その後球菌および好酸球性皮膚炎に対する治療として、ステロイドによる治療を開始しました。

プレドニゾロンを1.5mg/kg/SIDから開始し、2週間後には、患部は全箇所かなり改善傾向で発毛しており、かゆみも落ち着いていたため、プレドニゾロンを1.0mg/kg/SIDに漸減しました。漸減して1週間でかゆみが再発したため、1.5mg/kg/SIDに戻して2週間後検診としました。2週間後皮膚の調子が良ければ、ステロイドの量を再度パルス状に漸減していく予定です。

症例について

好酸球性皮膚炎は猫の皮膚炎でもかなり稀な疾患です。自己免疫疾患の一つであり、確定診断は病理診断となります。

今回の症例では、明らかにヒスタミン顆粒を多量に放出する好酸球が多数認められたため、好酸球性皮膚炎と診断してステロイドによる治療を開始しました。

好酸球性の皮膚炎を起こす疾患としては、ノミや蚊などに対するアレルギーや食物アレルギー、アトピーなどがあります。好酸球性皮膚炎の典型的な症状は掻痒感で、これによる過剰なグルーミングや自己掻爬によって細菌や真菌による二次感染が起きる。ただし、これはかなり稀な症例です。

治療はそれぞれの原因に対する治療を行い、その原因によってはステロイドや免疫抑制剤を使用して、治療を行います。

多くはないため、見落とされがちな疾患です。抗菌薬や抗真菌薬で治らない場合に考えれるよう、鑑別診断を考える際には初めから念頭に入れておくといいでしょう。

 

獣医師 下河千夏

 

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~18:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ