症例詳細

根尖周囲病巣

種 類 シェットランドシープドッグ
年 齢 13歳2ヶ月
診療科目 歯科 
症 状 以前より右頬から排膿が続いており、近医にて歯石除去および排膿箇所のデブリードメントを実施したが軽快しなかった。
症例の概要

以前より続く頬からの排膿の原因として歯根感染を疑った。CT所見から吸収像が認められたために抜歯を実施し、今後経過観察をしていく予定である。

検査結果

スクリーンショット 2020-03-18 20.46.53

麻酔下でCTを撮影したところ右上顎第四前臼歯の歯根付近で吸収像が認められた。

 

 

治療方法

IMG_2617

CT画像を基に抜歯した。大きな抜歯窩に対して粘膜フラップを実施した。

術後の経過

近日再診予定である。

症例について

本症例では軽度の歯石付着はしていたものの、歯周ポケットや歯肉の退縮など歯周病の典型症状は認めらなかった。一部で歯髄の露出が認められたためにそこから口内細菌が感染したと考えられる。見た目に著変が無くとも、排膿など異常症状が認められた場合はやはり歯根感染を考慮に入れるべきであろう。

獣医師 木村

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ