症例

症例一覧

低アルブミン血症

姿勢変換による呼吸促拍とえずきを伴う咳を呈した症例を検査したところ、胸腹水の貯留と低アルブミン血症が認められた。 今後早急に検査治療方針を決定し加療していく予定である。

施術詳細を見る

尿管閉塞による急性腎不全

尿管閉塞による急性腎不全を呈し、他院にて手術を実施、当院で入院管理をして快方に向かっている症例である。

施術詳細を見る

眼瞼のできもの

眼瞼の腫瘤に対し、Ⅴ字切除、8の字縫合を行った症例です。

施術詳細を見る

退職のご報告(副院長・高野儀之)

この場をお借りして、5年間、診察を通しお世話になりました、動物さん、飼い主様に退職のご挨拶をさせていただきます。

施術詳細を見る

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症は人にも感染します。

施術詳細を見る

猫の好酸球性皮膚炎

好酸球性皮膚炎は猫の皮膚炎でもかなり稀な疾患です。 自己免疫疾患の一つであり、確定診断は病理診断となります。 多くはないが見落とされがちな疾患であるため、鑑別診断を考える際には念頭に入れておく必要があります。

施術詳細を見る
1 / 3712345...102030...最後 »