症例

症例一覧

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症は人にも感染します。

施術詳細を見る

猫の好酸球性皮膚炎

好酸球性皮膚炎は猫の皮膚炎でもかなり稀な疾患です。 自己免疫疾患の一つであり、確定診断は病理診断となります。 多くはないが見落とされがちな疾患であるため、鑑別診断を考える際には念頭に入れておく必要があります。

施術詳細を見る

犬の外耳炎について

外耳炎とは耳介から鼓膜にかけて惹起された炎症を指します。 臨床症状としては紅斑、腫脹、痒み、痛み、頭を振る、耳垢、耳漏、脂漏などがあげられ、時間経過で急性と慢性に分けられます。 本症例では排膿が見られていることから急性か

施術詳細を見る

肺高血圧症

肺高血圧症により胸水および腹水が貯留した症例です。

施術詳細を見る

糖尿病用インスリンの現状

猫用糖尿病インスリンのプロジンクが欠品となっており、レベミルへの移行をお願いしています。その際には猫ちゃんの状態把握にいつも以上の注意を払う必要があります。

施術詳細を見る

会陰ヘルニア

先日会陰ヘルニアのセミナーに参加してきました。私が大学で習った会陰ヘルニアの発生や病態、治療法が、最近は大きく変わってきているようです。 会陰ヘルニアは骨盤隔膜の脆弱化により様々な併発症を含んだ疾患の総称で、色々な表現型

施術詳細を見る

潜在精巣

犬の潜在精巣を放置しておくと、セルトリ細胞腫やセミノーマの発生頻度が高くなります。このようなリスクを回避するためにも、なるべく早期に両側の精巣を摘出してあげることを推奨します。

施術詳細を見る
1 / 3712345...102030...最後 »