看護師ブログ

皮膚炎について

 

こんにちは!看護師の山です(*‘ω‘ *)

今回は皮膚炎についてお話ししたいと思います!

人にうつらない皮膚病、うつりそうでうつらないちょっとうつる皮膚病、

めちゃめちゃうつる皮膚炎についてです!!

 

★人にうつらない皮膚病→膿皮症、マラセチア皮膚炎、ニキビダニ症

この種類の皮膚病は基本的に犬の病気となります。

犬同士で接触してもうつることはないそうです。

猫ではほとんど見ませんが、ちょっとだけ例外があります。

 

★人にうつりそうでうつらない、ちょっとうつる皮膚炎→ノミ、疥癬

「ノミ」犬猫ではノミアレルギー性皮膚炎という皮膚病があります。

ネコノミが原因となることがほとんどです。

ノミの唾液に対するアレルギーが引き金になることから、ノミの少数でも発症します。

「疥癬」超痒いでおなじみの疥癬です。犬でも猫でもすごく痒いです。

これも多くの場合はアレルギーによる痒みです。

人でも疥癬はありますが動物でみみられるダニは皮膚では繁殖できないものの

一時的に寄生することはできます。これも厳密には感染ではないのですが、人にうつる皮膚病といっていいでしょう。

ノミと疥癬に関しては「人の皮膚では繁殖できない」ので正確にいえば感染ではないのですが皮膚症状は起こします。

だからちょっとうつるというわけです!!

 

★めちゃめちゃうつる皮膚病→皮膚糸状菌症

いわゆるカビです。皮膚糸状菌は犬、猫、人にうつります。

動物の毛やフケに感染することで生活しています。

家でやるべきことは感染した子の使っているところの掃除と

捨てれるものは捨てて洗濯しましょう。

服についた毛やフケはコロコロなどを使って除去しましょう!

掃除機もしっかりかけるようにしましょうね!

 

動物だけではなく人も気を付けましょう!!

わからないことがあればスタッフまで( *´艸`)

 

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 診察時間
淀川中央動物病院の案内へ