ホームケア情報

アレルギー!?ご飯でその痒み改善できるかも?

段々気温も上がってきて夏が近づいてきていますね。昨日まで梅雨時期ということもあって雨が多くジメジメした湿気も多かったです(>_<)ちなみに今日は快晴です♪

この時期は痒みを主訴に来るオーナー様が増える時期でもあります。今回はそんな痒みの原因の一つ、アレルギーについてお話しようと思います!

〜痒みの原因〜

①細菌などの感染 ②外部寄生虫 ③アレルギー ④ホルモン異常 ⑤ストレス 左記が痒みの主な原因です。

原因を探るにはやはり検査をさせてもらいます。

この結果によってシャンプーの種類や薬の種類、はたまたご飯の種類が変わったりもするので重要になってきます。

さて、一言でアレルギーといっても原因となるものはたくさんあります。大きく分けると、

Ⅰ、食物アレルギー

Ⅱ、環境アレルギー(アトピー性皮膚炎) があります。

Ⅰ、食物アレルギーとは、主に食物中のたんぱく質に対するアレルギーで、皮膚の痒みや消化器症状を起こしやすいです。また、痒みや紅斑といった症状が顔面・肛門周囲などといった食物に触れやすい位置に出るのが特徴です。

それに対してⅡ、アトピー性皮膚炎はハウスダストや雑草といった周囲のものに対するアレルギーで主に脇・腹部・内股などといった皮膚の薄いところに出やすいです。

こういったアレルギーが疑わしい症状にはアレルギーの子用のフードをお渡しして改善あるか見ていきます!(アレルギー用の検査も勿論ありますが、こちらの方がリーズナブルです。)

こちらは主に食物アレルギーの子にお渡ししているご飯のサンプルです。タンパク質を加工して反応しにくくしています。

IMG_4845

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは皮膚のバリア機能を上げるご飯のサンプルです。主にアトピー性皮膚炎の子にお渡ししています。

IMG_4844

 

 

 

 

 

 

 

皮膚のターンオーバーは約21日と言われており、これらのご飯の効果が出るまで約1〜2ヵ月かかります。

また、食事管理のポイントとして療法食以外は何も食べさせないことが重要です!!おやつも歯磨きガムもダメです。ダメと言ったらダメです。ご褒美なども療法食でお願いします。

そして、アトピー性皮膚炎の子は

○こまめな掃除

○シャンプー

○適度な運動でストレス発散

も大事です。

当院でもトリミング行っております(・∀・)シャンプー難しい方はぜひ♪

アレルギーは基本的に生涯付き合っていくことになります。

少しでも症状が楽になって生活しやすくなると幸いです(*^^)v

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ