ホームケア情報

続けていますか?フィラリア予防!

こんにちは!看護師の三谷です(^^♪

最近はめっきり涼しくなって、夜病院からの帰りには少し寒さも感じる季節になってきました!

気温の変化で風邪などひきやすい時期です!体調管理・温度管理には気を付けたいですね!

 

さてさて!今回の題名にもありますフィラリア予防…もうフィラリア検査のシーズンである春も過ぎ、蚊の出現するピークの夏も過ぎたのに、なぜ今更フィラリアの話題?とお思いになった方もいらっしゃるかもしれません…

 

しかし!そこがフィラリア予防の落とし穴なのです!

 

蚊の発生時期のピークである夏が過ぎればもうフィラリア予防は必要ない!と思い予防薬をあげるのをやめてしまう飼い主様もいらっしゃるのですが…じつはフィラリア予防は冬の始まりこそ一番大切なのです!

 

病院でフィラリアのお薬を処方される際「何月まで飲ませるんですか?」という質問をした時に「蚊を見た月の翌月に最後の投薬をしてください」というのを先生からお聞きになった方もいらっしゃるとおもいます。

なぜかというと!フィラリアの予防薬と言うのは「予防薬」と言われていますが、蚊に刺されないようにバリアができたり、フィラリアの子虫が入らないようにバリアができるものではないのです!

「予防薬」と言われていますが実際は体内に入ってきたフィラリアの子虫を殺す「駆虫薬」なのです\(◎o◎)/!

 

体内に入ってから1ヶ月ほど経過した子虫に効果を発揮するので蚊が居なくなった次の月まで投薬することが必要なのです!

 

病院でフィラリアのお薬を処方する際は11月末か12月まで予防してくださいとお伝えするのですが、最近では地球温暖化の影響もあり蚊の活動時期も長くなってきています\(◎o◎)/!

なので11月以降もお出かけされた際に蚊を見かけられたらその次の月もフィラリア予防薬を投薬していただければ万全だと思います!

 

最後に久しぶりに我が家のダニエル君です♡

夏にライオンカットにして毛が伸びかけなので体の半分ずつ毛色が違います(*^_^*)

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ