ホームケア情報

熱中症・日射病の応急処置

これから気温が上がって動物さんにとっては大変なシーズンがやってきます。

動物さんは人と違って身体が毛に覆われていますよね。

そのため、寒さよりも暑さの方が弱くなっています。

今回はもし熱中症や日射病になった時のために応急処置の方法をお伝えしたいと思います。

○熱中症・日射病の症状

私たちも熱射病・日射病になると熱が出たりしんどくなりますよね((+_+))

動物さんも同じような症状が出ます。

呼吸の異常・体温の上昇・よだれ・意識の喪失・脱水・下痢・痙攣・食欲低下・脱水などが現れます。

○予防

過剰な運動を避ける・ドライヤーを熱風にしない・屋外飼育→室内飼育に変える・お散歩の時間をずらす・車内放置しない・肥満の解消・飲み水を切らさない・遮光カーテンの使用・エアコンと扇風機の併用・サマーカット、などなど。

これらは暑い時期にはもちろん気を付けて欲しいことですが、湿度が高くなる時期も熱中症になりやすいので注意してあげて下さい!

特にパグさんやブルドッグさんといった短頭種は特にこれからの時期注意して下さい。

○応急処置

ここからはお家で出来る応急処置についてお伝えします(●´ω`●)

まずは日向から日陰や屋内、エアコンなどが効いた風通しが良く涼しい場所に移動させます。

そのあとでバケツやタライに水を張って身体を浸けるか、シャワーなどで身体に水をかけて体温を下げます。この時あまり冷たくない水にして下さい!氷水など使用逆に毛細血管が委縮して体温の放散が難しくなります…(´・ω・`)

この他水で絞ったタオルで身体をくるんでも効果はあります。このとき、タオルがぬるくなったらまた水で絞って冷たくして下さい。

また、氷枕や氷嚢があれば使って下さいね。冷やす部位としては大きな血管が走っている首元・脇・股が効果的です。氷のまま当てるとよくないので必ずタオルなどでくるんで身体と氷嚢の間にワンクッション置いてあげて頂きたいです。

下記は病院で使用している氷嚢です。タオルやペットシーツでくるんだものも。

IMG_3843IMG_3845

 

 

 

 

 

 

IMG_3844IMG_3846

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱中症・日射病に限らず、動物さんの直腸温度(お尻からの体温測定)が40℃以上あれば要注意です!!

もし、熱中症や日射病になった時は上記の方法で体温を冷やしながら病院までお越しください。

病院で点滴など処置させて頂きますね。

これからの暑くなる季節、慌てずに応急処置を施して少しでも早くしんどいのを和らげてあげましょう(^^♪

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ