診療案内

愛する動物の命を救うため、飼い主様の幸せのために

守られるべき3原則

患者様の満足を得られる病院にしたい、その思いで淀川中央動物病院を開院しました。
病気に対して正しい診断、正しい治療を行い、慢心することなくいつまでも初心を忘れずに丁寧に見続ける気持で、治療内容に見合った価格であり続けること。
そういった「あたりまえなこと」を実践していきます。
そしてこの3原則が全ての動物病院で守られていることを切に願います。

3原則とは「正しい診断・正しい治療」「初心を忘れず一生懸命」「治療内容に見合った価値」です

受診案内

来院の際、普段はおとなしい子でも、緊張・興奮して逃げ出そうとしてしまいます。
逃走は事故にもつながり大変危険です。事故を防ぐためにもゲージに入れるかリードを短く持って下さい。

診断対象動物
  • 小動物
診療時間
9:30~12:30
16:30~19:30

かない動物病院へのお電話でのお問い合わせは[078-284-8172]までお問い合わせフォームはこちら

※年中無休で診察しております。

  • 病院・施設のご案内
  • アクセス・駐車場について
  • 獣医師出勤表はこちら

主な診療科目

各科に分けて診療内容をご説明いたします。
健康診断・飼育についてのご相談も承ります。

症状から症例を探す

下記の当てはまる症状をお選び下さい。

呼吸が荒い
ゼーゼーと苦しそうな呼吸をする、あえぐ、舌が紫色になり呼吸が止まりそうになる 
お尻をこする
お尻をこする 
血尿
尿にポタポタと血が混じる、尿全体が赤い 
食欲があるのに痩せている
いつもの量を食べているのに痩せてきた 
尿量が増えた
以前に比べて1回の尿量が多い 
異常に食欲がある
異常に食欲がある 
尿が出ない
排尿姿勢をとるがまったく尿が出ない、数滴ずつしか出ない 
頻尿
何度もトイレに行く、散歩中何度も排尿姿勢をとる 
歩かない・動きたがらない
散歩に行きたがらない、遊ぼうとしない 
けいれん
けいれんが起こる 
脱毛している
体に脱毛部位がある 
耳をかゆがっている
 
健康診断で見つかった
 
目に膜がはっている
 
目の下が腫れる
 
びっこをひく
 
びっこをひいて歩く
 
よだれが出る
 
できものがある
 
口臭がきつい
 
咳が出る
咳が何度も続く 
くしゃみをしている
くしゃみをしている 
鼻水が出る
鼻水が出る 
体がかゆい
お腹や背中・耳など体の各部位にかゆみがある 
皮膚が赤い
皮膚が赤い 
歩行に異常がある
足を引きずって歩く、足をあげて歩く、足に痛みや違和感がある 
体にしこりがある
体にしこりがある 
食欲がない
食欲がいつもより少ない、まったくない 
元気がない
いつもより元気がない、ぐったりしている、寝てばかりいる 
飲水量が増えた
飲水量が増えた 
下痢/血便
泥状、水様、しぶり便、粘膜便、黒色便、血便、1日に何度も下痢をする 
便秘
便が出ない 
嘔吐
1日に何度も吐く、ごはんを食べたらすぐに吐く、気持ち悪そうにえずいている 
目をしょぼしょぼさせている
目をしょぼしょぼさせている、目を痛そうにしている 
目が赤い
目が赤い 
目から涙や目やにが出る
涙や目やにの量が多い 
歯がぐらぐらしている/抜けた
歯がぐらぐらしている、歯が抜けてしまった、歯肉が後退している、歯肉が腫れている、食べにくそうにしている 
歯石がついている
歯石がついている、口が臭い、歯ぐきが腫れている 
淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ