症状から探す

症例一覧

症状
血尿

膀胱結石および膀胱粘膜過形成

膀胱内に結石と結石による膀胱粘膜への慢性刺激による過形成が認められた症例です。

施術詳細を見る

猫の尿道閉塞

血尿、排尿困難で来院され、尿道閉塞と診断し入院管理を行いました。

施術詳細を見る

猫の尿管結石

2か月間血尿が治らず、当院を受診されました。腎臓結石・尿管結石があり手術し、尿管結石を除去しました。尿管には尿管ステントを挿入し、尿管を確保しました。

施術詳細を見る

フィラリア予防(1年間のフィラリア予防を今日してみませんか?)

フィラリア予防薬の注射を始めました。 一回の注射で一年予防できるので、いつでも注射が打てるようになりました。 春の予防の時期は混みあうので冬の間に予防しませんか?

施術詳細を見る

感染性膀胱炎

膀胱炎は犬猫ともによくみられ、原因も細菌感染や膀胱結石によるものなど様々です。なかでも細菌感染による膀胱炎はかなり多く、初期に治療すれば良好に治癒しますが、経過が長いと治癒するまでにも時間がかかってしまいます。 抗生剤が

施術詳細を見る

猫の下部尿路疾患

猫の下部尿路疾患は特に寒くなると頻発し、膀胱炎や尿道閉塞を引き起こすこともあります。

施術詳細を見る

うさぎの子宮疾患

雌うさぎでは5歳齢以上では子宮疾患の発生率が80%にのぼるといわれています。うさぎは犬猫以上に状態が悪いのを隠すため、健診も必要ですし、調子が悪いかも?と気づかれたら早めに来院していただきたいです。

施術詳細を見る

免疫介在性溶血性貧血

免疫介在性溶血性貧血は、免疫の異常によって、自らの血液(赤血球)を異物と認識し、体内で赤血球が破壊されて貧血が起こる病気です。

施術詳細を見る

犬・猫の健康を害する食品

犬や猫が食べると危険な食品は数多く存在します。

施術詳細を見る

膀胱結石

膀胱結石は、その名の通り膀胱に結石ができる病気で、ワンちゃん猫ちゃん問わずよく出会います。他の種類では、うさぎさんの膀胱結石もかなり多い印象です。 膀胱結石は、その結石の種類も様々で、結石の種類により様々な動態をとり、ワンちゃん猫ちゃんの性別や体質によっても経過がそれぞれ違う複雑な疾患です。

施術詳細を見る
1 / 212