症状から探す

症例一覧

症状
歩行に異常がある

糖尿病でも歩行異常

糖尿病が原因で歩行異常が起こることもあります。

施術詳細を見る

犬の細菌性前立腺炎

細菌性前立腺炎は未去勢の雄イヌに発生することがあります。前立腺膿瘍に移行すると命にかかわるため、早めの治療が大切です。

施術詳細を見る

肉芽腫性髄膜脳炎疑い

肉芽腫性髄膜脳炎(GME)について 生前の確定診断が難しく、脳病理検査によって確定診断がされます。 MRI検査で検討をつけて、内科治療で治療経過を追っていきます。 今回はGMEと診断した一症例を紹介します。

施術詳細を見る

猫の手根関節の脱臼と中手骨骨折

ワンちゃんネコちゃんが落ちて、けがしないように夏の窓やベランダ、玄関の戸締りに注意してください!

施術詳細を見る

中足骨骨折

中足骨の骨折の場合、多くは直接的な外傷あるいは過伸展によるものであり、非開放性骨折である。強い痛みが生じることが多く、周囲の軟部組織の腫脹が認められる

施術詳細を見る

膝蓋骨内方脱臼

膝蓋骨内方脱臼は小型犬で多く、跛行の原因となります。痛みが出てきた場合は手術の適応となります。

施術詳細を見る

脛骨粗面剥離骨折

若齢の動物には骨端(軟骨)板があり、骨の長さの成長を司っています。つまり、骨端板が良く耳にする成長板です。成長板は、外力に対する抵抗力がとても低く、若齢期の関節の外傷では、脱臼や靭帯断裂などよりも成長板骨折が起こりやすいです。

施術詳細を見る

犬の骨折、抜ピン

左手の甲の骨(中手骨)を4本骨折。ピンを入れる整復手術を行い、その後、超音波などで骨増生を促しながら管理を行いました。2か月後、骨が十分に再生してきたため、抜ピンの手術を行いました。

施術詳細を見る

椎体骨折

椎体の骨折の原因は交通事故で急に骨折することや、腫瘍や内分泌疾患などで徐々に骨が弱り骨折する(病的骨折)があります。我々臨床の現場では椎体骨折のほとんどの原因は交通事故で、稀に腫瘍による二次的骨折に遭遇します。

施術詳細を見る
1 / 212