症状から探す

症例一覧

症状
嘔吐

胃内異物

胃内切開し、異物除去しました。

施術詳細を見る

犬の細菌性前立腺炎

細菌性前立腺炎は未去勢の雄イヌに発生することがあります。前立腺膿瘍に移行すると命にかかわるため、早めの治療が大切です。

施術詳細を見る

胃拡張捻転症

胃拡張捻転症は大型犬において多く認められ、食後の急な運動による胃の捻転と胃の拡張に起因する緊急性の疾患です。

施術詳細を見る

胆嚢破裂

胆嚢破裂は穿通と穿孔があり、穿通は胆汁の漏出がないため早期発見が困難な場合が多いと考えます。

施術詳細を見る

犬の腸毒血症

下痢は犬でよく見られる疾患ですが、なかには急性で重篤な症状や経過をたどるものがあり、腸毒血症はその一つに挙げられます。

施術詳細を見る

猫の甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は8歳齢を超える猫で最もよくみられる内分泌疾患です。 症状は体重減少、多食、活動性の亢進です。 その他に被毛の変化(脱毛、もつれた被毛、毛づくろいをしないなど)、多飲多尿、嘔吐、下痢などもみられます。

施術詳細を見る

猫の消化管腫瘍(腺癌)

猫の腸管に発生する腫瘍はリンパ腫が最も多く(約55%)、次いで腺癌、肥満細胞腫、となっています。 腸管の腺癌は高齢で発生し、猫では多くで10~12歳と報告されています。今回は嘔吐が認められた高齢猫で発見された消化管腫瘍の症例です。

施術詳細を見る

犬の子宮蓄膿症

犬の子宮蓄膿症は症例数も多く、症状も非常に多岐にわたります。避妊手術をしていない女の子では常に注意が必要です。

施術詳細を見る

犬の急性膵炎

急性膵炎は犬で多く、頻回の嘔吐や下痢、食欲廃絶などをおこす病気です。早期の治療によって回復率もあがりますので、早めの受診をおすすめします。

施術詳細を見る

鎮痛薬の誤食

人間用の解熱鎮痛薬をペットちゃんが誤って飲み込むと、重篤な症状が出ることがあります。注意しましょう。

施術詳細を見る
1 / 212