症状から探す

症例一覧

症状
嘔吐

誤食 胃切開にて異物摘出

無麻酔CTで胃、十二指腸内異物を発見し開腹手術にて摘出した症例です。

施術詳細を見る

猫の多発性嚢胞腎

猫の多発性腎嚢胞はペルシャの家系で多い遺伝病の1種である。 臨床的には両側性の腎嚢胞形成による腎不全として認められる。 本症例は腎臓だけでなく肝臓および膵臓にも多数の嚢胞を作る非常に珍しい症例であった。

施術詳細を見る

鼠径ヘルニア

犬の鼠径ヘルニアはほとんどが無症状であり、小さなヘルニアでは気づかれないこともある。しかし膀胱や腸管が入り込み嵌頓した際には重篤化することがある。

施術詳細を見る

犬の胆嚢切除

元気食欲の低下と嘔吐を示した場合、胆嚢疾患が疑われる場合もあります。

施術詳細を見る

猫の消化管好酸球性硬化性線維増殖症

猫の消化管好酸球性硬化性繊維増殖は2009年に報告された疾患で、まだあまりわかっていないことが多い病気です。 かなり大きな腫瘤を形成するため腫瘍を疑って生検されることが多いですが、腫瘍性病変ではなく炎症性病変です。

施術詳細を見る

胃内異物

胃内切開し、異物除去しました。

施術詳細を見る

犬の細菌性前立腺炎

細菌性前立腺炎は未去勢の雄イヌに発生することがあります。前立腺膿瘍に移行すると命にかかわるため、早めの治療が大切です。

施術詳細を見る

胃拡張捻転症

胃拡張捻転症は大型犬において多く認められ、食後の急な運動による胃の捻転と胃の拡張に起因する緊急性の疾患です。

施術詳細を見る

胆嚢破裂

胆嚢破裂は穿通と穿孔があり、穿通は胆汁の漏出がないため早期発見が困難な場合が多いと考えます。

施術詳細を見る

犬の腸毒血症

下痢は犬でよく見られる疾患ですが、なかには急性で重篤な症状や経過をたどるものがあり、腸毒血症はその一つに挙げられます。

施術詳細を見る
1 / 3123