症状から探す

症例一覧

症状
呼吸が荒い

胃拡張捻転症

胃拡張捻転症は大型犬において多く認められ、食後の急な運動による胃の捻転と胃の拡張に起因する緊急性の疾患です。

施術詳細を見る

犬の乳腺腫瘍(肺転移症例)

未避妊の雌犬で最も多く発生する乳腺腫瘍について。この腫瘍は早期の避妊手術にて予防することが可能です。

施術詳細を見る

猫の多発性嚢胞腎

猫で遺伝性に発生する多発性腎嚢胞の症例について。

施術詳細を見る

肉芽腫性髄膜脳炎疑い

肉芽腫性髄膜脳炎(GME)について 生前の確定診断が難しく、脳病理検査によって確定診断がされます。 MRI検査で検討をつけて、内科治療で治療経過を追っていきます。 今回はGMEと診断した一症例を紹介します。

施術詳細を見る

猫の胸水貯留

猫ちゃんは様々な原因から胸水貯留を起こします。

施術詳細を見る

犬の子宮蓄膿症

犬の子宮蓄膿症は症例数も多く、症状も非常に多岐にわたります。避妊手術をしていない女の子では常に注意が必要です。

施術詳細を見る

猫の縦隔型リンパ腫

猫のリンパ腫は若齢での発症と、高齢での発症の2回のピークがあります。若齢猫ではFeLV感染に起因したリンパ腫が多く発症し、前縦隔型では胸水の貯留や呼吸困難がみられます。

施術詳細を見る

フィラリア予防(1年間のフィラリア予防を今日してみませんか?)

フィラリア予防薬の注射を始めました。 一回の注射で一年予防できるので、いつでも注射が打てるようになりました。 春の予防の時期は混みあうので冬の間に予防しませんか?

施術詳細を見る

うさぎの子宮疾患

雌うさぎでは5歳齢以上では子宮疾患の発生率が80%にのぼるといわれています。うさぎは犬猫以上に状態が悪いのを隠すため、健診も必要ですし、調子が悪いかも?と気づかれたら早めに来院していただきたいです。

施術詳細を見る
1 / 212