症状から探す

症例一覧

症状
元気がない

猫会陰部尿道瘻形成術

オス猫に認められた尿閉症例に対して行った会陰部尿道瘻形成術について。

施術詳細を見る

胆嚢破裂

胆嚢破裂は穿通と穿孔があり、穿通は胆汁の漏出がないため早期発見が困難な場合が多いと考えます。

施術詳細を見る

犬の腸毒血症

下痢は犬でよく見られる疾患ですが、なかには急性で重篤な症状や経過をたどるものがあり、腸毒血症はその一つに挙げられます。

施術詳細を見る

猫の多発性嚢胞腎

猫で遺伝性に発生する多発性腎嚢胞の症例について。

施術詳細を見る

猫の口内炎

猫の口内炎は比較的多い疾病で、口腔内に炎症や潰瘍ができるため知覚過敏になり口腔内に強い痛みを感じます。口臭がきつくなったり、いつもと食事のとり方が違うと気が付いたら早めに来院してくださいね

施術詳細を見る

異物(縫い針)の誤食

犬での誤食は非常に来院件数の多い疾患の一つです。 今回は左頸部の腫脹から、咽喉頭部の疾患を疑い検査したところ、異物が見つかりました。

施術詳細を見る

肉芽腫性髄膜脳炎疑い

肉芽腫性髄膜脳炎(GME)について 生前の確定診断が難しく、脳病理検査によって確定診断がされます。 MRI検査で検討をつけて、内科治療で治療経過を追っていきます。 今回はGMEと診断した一症例を紹介します。

施術詳細を見る

猫の肛門嚢破裂

お尻に違和感があると、犬はお尻を地面にこすりつけて、猫は自分で舐めて穴をあけてしまうことがあります。 病院やトリミングで定期的に肛門腺のチェックをして、破裂を未然に防いでいきましょう。

施術詳細を見る

猫の手根関節の脱臼と中手骨骨折

ワンちゃんネコちゃんが落ちて、けがしないように夏の窓やベランダ、玄関の戸締りに注意してください!

施術詳細を見る

犬の子宮蓄膿症

犬の子宮蓄膿症は症例数も多く、症状も非常に多岐にわたります。避妊手術をしていない女の子では常に注意が必要です。

施術詳細を見る
1 / 41234