症状から探す

症例一覧

症状
体にしこりがある

犬の乳腺腫瘍

健康診断にて乳腺部の腫瘤が見つかった症例です。良性の乳腺腫瘍は未避妊の高齢の犬に発生が多い腫瘍です。乳腺腫瘍は50%が良性の腫瘍、50%が悪性の腫瘍と言われています。

施術詳細を見る

猫の乳腺腫瘍

猫の乳腺腫瘍は悪性の場合が多いので、早期発見が重要です!

施術詳細を見る

犬の肛門嚢アポクリン腺癌

肛門嚢アポクリン腺癌(悪性腫瘍)は稀にしかみられませんが、ほとんどが雌に発生します。発生後の腫瘤の増大スピードは急速で、腰部のリンパ節への浸潤も強いです。そのため腫瘍が進行した場合は、排便障害や疼痛を訴えて来院されることがあります。

施術詳細を見る

猫の肥満細胞腫

猫の体表の腫瘤として、比較的多いのが肥満細胞腫です。肥満細胞腫には悪性と良性とがありますが、猫の体表の肥満細胞腫は良性が多いことも知られています。

施術詳細を見る

腫瘤摘出までの流れ

動物たちの高齢化に伴い腫瘍の発生率は増加傾向にあります。今回はその腫瘍を手術で取る際の注意点をご紹介します。

施術詳細を見る

乳腺腫瘍

メス犬の乳腺腫瘍のうち、約50%は良性、残りの50%は悪性です。一方、メス猫の乳腺腫瘍は、約80〜90%が悪性です。また、犬の乳腺腫瘍の10%以下の症例では、炎症性乳がんと呼ばれる、極めて悪性度が高く、予後不良な病態を発症することがあります。

施術詳細を見る