症状から探す

症例一覧

症状
下痢/血便

犬の腸毒血症

下痢は犬でよく見られる疾患ですが、なかには急性で重篤な症状や経過をたどるものがあり、腸毒血症はその一つに挙げられます。

施術詳細を見る

犬の子宮蓄膿症

犬の子宮蓄膿症は症例数も多く、症状も非常に多岐にわたります。避妊手術をしていない女の子では常に注意が必要です。

施術詳細を見る

猫の慢性下痢(原虫感染)

1ヵ月間以上、下痢が続いていた猫ちゃんの2例において、寄生虫の一つである原虫感染に対する治療で改善が認められました。猫ちゃんの慢性下痢の原因は様々で、腸内細菌バランスの異常、寄生虫感染、炎症性、食事性、腫瘍性などがあります。

施術詳細を見る

犬の急性膵炎

急性膵炎は犬で多く、頻回の嘔吐や下痢、食欲廃絶などをおこす病気です。早期の治療によって回復率もあがりますので、早めの受診をおすすめします。

施術詳細を見る

犬・猫の健康を害する食品

犬や猫が食べると危険な食品は数多く存在します。

施術詳細を見る

コクシジウム感染

コクシジウム感染は子犬・子猫に多く、便検査で発見されますので、新しい子を迎えたらいちど便検査を実施しましょう。

施術詳細を見る

熱中症

犬は熱を発散できる部位が少なく、特に短頭種は熱中症に気をつけなければなりません。もし熱中症になってしまったら、病院に連れてくるまでの間もしっかり体を冷やしてあげてください。

施術詳細を見る

胃腸炎

胃腸炎により嘔吐と下痢が続いている場合は、様々な原因が考えられ、早期の原因追究が求められます。

施術詳細を見る

仔犬の体調不良

小さい仔犬は体調を崩しやすく、下痢や嘔吐、低血糖などがよく起こります。

施術詳細を見る