症例詳細

ネコ風邪

診療科目 内科 
症例の概要

猫でヘルペスウイルスやカリシウイルス、クラミジアなどの感染によっておこる、いわゆる「ネコ風邪」は、感染力も強く、重症化することも多いため、早めの来院をお勧めします。

症例について

街の猫ちゃんたちにとって、春は恋の季節です。そのため、この季節になると子猫さんの患者さんが増えてきます。

皆さんも、街角でニャーニャー鳴いている子猫さんたちを見かけたことがあると思います。

 

ノラ猫さんの場合、感染症のリスクが高く、また、子猫は免疫力が弱いためすぐに感染症にかかってしまいます。

そのなかでも多いのが、いわゆる “ ネコ風邪 ” です。

 

これは、ヘルペスウイルスやカリシウイルス、クラミジアなどの感染によっておこり、目ヤニや結膜の腫れ、くしゃみ、鼻水、咳、口内炎など、ヒトの風邪に似た症状を呈します。ウイルス自体はほとんどの猫ちゃんが持っていて、完全に体内から排除することはできず、潜伏感染します。

 

体調が良好な場合は症状は現れず、何らかの原因で免疫が低下した時に症状が現れます。一般的にこの疾患による死亡率は高くはないですが、子猫の重度感染の場合、死に至ることもあります。

 

治療としては、二次感染予防のために抗生剤の内服、点眼や眼軟膏、点鼻、インターフェロンの接種、サプリメントの内服などがあげられます。

 

《主な治療薬》

[点眼薬、眼軟膏]                [インターフェロン]

 

[サプリメント]

 

また、ネブライザー治療(噴霧治療)も効果的です。

治療が遅れてしまうと重症化してしまうことがあるため、症状がみられたらはやめにご来院くださいね

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ