症例詳細

犬の僧房弁閉鎖不全症

診療科目 循環器科 
症例の概要

僧房弁閉鎖不全症 元気がない、疲れやすい、寝ている時間が増えるなどの症状に注意!

症例について

心臓病には、生まれつきもっている「先天性」のものと、年齢の増加に伴って現れる「後天性」のものがあります。

近年わんちゃんを取り巻く食事や環境がよくなることで高齢化が進み、後天性の心疾患の発現率は増加傾向にあります。

 

その中でもとりわけよくみられるのが僧房弁閉鎖不全症で、犬の心疾患の75%を占めます。

これは、左心房と左心室を仕切っている僧房弁が変性し、血液の逆流が生じる病気です。

原因は不明ですが、加齢により弁や腱索がぶ厚くなったり歪みや伸びが生じたりすることで、弁がきちんと閉じなくなって発症します。

 

血液の逆流が少ないうちは症状は現れず、診察時に心雑音が聴こえることで気づく場合がほとんどです。

逆流が多くなると、元気がない、疲れやすい、寝ている時間が増えるなどの症状がみられますが、これは加齢によるものと思われがちで、病気と気づかない場合が多いです。

 

症状の多くは咳の増加です。

これは心臓が拡大したために、気管・気管支を圧迫するために生じ、特に夜間や興奮・飲水時に出やすくなります。

重度になると咳をする回数が多くなり、また、なかなか止まらなくなります。

重症になると肺に水がたまり(肺水腫)、元気がなくなったり、呼吸が早くなりやすく、苦しそうな呼吸をします。

また、急にふらついたり倒れたりすることもあります。

MRmov.MRmov. (←発咳の動画)

 

この「咳」は、気管・気管支の圧迫による場合もあれば、肺水腫が原因の場合もあります。

特に重度の肺水腫を起こしている場合は危険な状態であり、早急に治療が必要です。

このように心疾患が原因で咳が出る他にも、中年齢や高齢犬では慢性気管支炎や気管虚脱も咳の原因となるため、その鑑別が必要になります。

 

僧房弁閉鎖不全症は、通常は長い時間をかけて病態が悪化していきますが、弁を支える腱索が急に切れることで急性肺水腫によって死の転帰をとる場合もみられます。

 

加齢性の病気のため、中年齢になりましたら年1回は健康診断を受けましょう。

特に小・中型犬に多く、キャバリア、チワワ、シーズー、プードルなどは特によく見受けられるため、これらの犬種は注意が必要です。

病気の段階によっては激しい運動により急性に悪化する場合があります。心雑音が聴こえるようであれば必要な検査・診断の上、病気の段階を把握することが勧められます。

普段元気なわんちゃんたちも病院へ来院する機会の増える春。ぜひこの機会に、普段気になっていることをチェックしていきましょう。

 

淀川中央動物病院 本田

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ