症例詳細

骨盤骨折

種 類 トイプードル
年 齢 1歳
診療科目 外科 
症 状 留守にしていて帰宅したらケンケンして痛がっていたとの主訴で来院されました。
診察室では右後ろ足を完全挙上(上げっぱなし)、身体検査しようものなら痛みのためどこをさわっても「キャンキャン」悲鳴を上げるほど痛がっていました。
症例の概要

骨盤骨折は一昔前なら交通事故がほとんどでしたが、最近は飼育動物の小型化からか日常生活(抱っこして落としてしまったなど)でも起こすことがあります。

検査結果

レントゲン検査にて右腸骨体骨折(骨盤骨折)が分かりました。重度な疼痛があり骨折端の変位も認められたため外科手術を選択しました。

ぷーたん術前ラテ

治療方法

全身麻酔下にて手術開始。

寛骨臼に極めて近い骨折のため、大腿骨大転子骨切術を行い術部を展開。筋肉をよけて骨折部を露出。スクリューとワイヤーにて固定。その後ピンにて骨切り部分を固定し元の形に戻しました。

ぷーたん

術後の経過

術後は安静のため1週間入院、一週間後の抜糸時には飼い主様が「目を離したらジャンプしていた」とのこと・・

元気にしている事は嬉しい子とのですが、それ以上に安静にできない恐ろしさにゾッとしました。

ちなみに骨盤骨折で使用した固定具(プレートやピンなど)は、使用部位が体の奥深くにあるため抜去しないのが一般的です。

 

淀川中央動物病院 獣医師 菅木

 

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ