症例詳細

鎮痛薬の誤食

診療科目 内科 
症例の概要

人間用の解熱鎮痛薬をペットちゃんが誤って飲み込むと、重篤な症状が出ることがあります。注意しましょう。

症例について

ペットちゃんが動物病院に来院される理由は様々ですが、

「○○を食べてしまった」といって来院されるワンちゃん、猫ちゃんはやはりとても多いです。

食べてしまうものも色々ですが、家庭内に常備されているもので、ワンちゃんや猫ちゃんが食べてしまいやすいもののひとつに「人の薬」があげられます。

 

人用に調製された薬は、どれをとっても、ワンちゃん猫ちゃんにとって安全とはいえませんが、なかでも事故になりやすいのが、頭痛薬や風邪薬に含まれている「解熱鎮痛薬」です。

解熱鎮痛薬は、我々人間にとっては、熱や痛みがあるとき大変重宝される薬です。寒くなってきたこれからの季節、常備薬として置かれることも多いでしょう。ただ手軽に使いやすいだけに、ペットちゃんがあやまって飲み込んでしまうことも多く、しかもワンちゃん猫ちゃんは、その安全域が人よりも狭いことが知られています。

 

例えば、代表的な解熱鎮痛薬である「アセトアミノフェン」は、とくに猫ちゃんで中毒を起こしやすく、嘔吐などの消化器症状のほか、血液中の赤血球を破壊します。深刻な貧血を引き起こすほか、破壊された赤血球の色素が尿中に漏れでて、赤色~茶色の尿(血色素尿)がおこるなど、摂取量によっては命を脅かすことにもなりかねません。

 

他にも、NSAIDs(非ステロイド系抗炎症薬)と呼ばれる解熱鎮痛薬も、大量に摂取してしまうと、消化器症状や腎不全など、重篤な中毒症状を引き起こします。

代表薬のひとつであるアスピリン(アセチルサリチル酸)は、犬の中毒量が50mg/kg、猫では25mg/kgというデータがありますが、バファリン1錠中に330mg入っています。つまり、体重5キロくらいまでのワンちゃんは、1錠飲んだだけで中毒域に達してしまいますし、猫ちゃんはほとんどの猫ちゃんが1錠飲んだら危険な状態に陥ってしまいます。

他にも、イブプロフェンは多くの薬に入っている解熱鎮痛薬ですが、ワンちゃんで100mg/kg、猫ちゃんで50mg/kgの摂取があると危険というデータがあります。一般的な錠剤で2錠に150mg入っているので、数錠飲み込むだけで危険域に達してしまいます。

 

上に挙げたデータはあくまで一般的な数値ですので、それぞれのペットちゃんによって薬に対する反応は全く違います。

もし、あやまって人の薬を飲み込んでしまったら、すぐに動物病院を受診しましょう。早い段階なら吐かせて薬を外に出すことができますし、点滴などで体内の薬をうすめ、早く尿や便などで外に出させる処置も重要です。

特にワンちゃんは、薬のシートを遊んでかじるうちに飲み込んでしまうことも少なくありません。かじられそうな場所に薬を置かないことも重要ですが、どうしても、思いもよらぬときに飲み込んでしまうこともあります。そうしたときにすぐ動けるよう、日頃から気をつけてあげましょう。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ