症例詳細

腫瘤摘出までの流れ

診療科目 腫瘍科 
症例の概要

動物たちの高齢化に伴い腫瘍の発生率は増加傾向にあります。今回はその腫瘍を手術で取る際の注意点をご紹介します。

症例について

動物たちの高齢化に伴い腫瘍の発生率は増加傾向にあります。今回はその腫瘍を手術で取る際の注意点をご紹介します。

ステップ1:腫瘍の摘出術が適しているのか? 腫瘍の種類、転移状況、発生部位などを考慮し、その動物にとって外科手術が良いのか、抗がん剤治療が良いのか、緩和療法が良いのか判断していきます。

 

ステップ2:外科手術 根治を目指して。ステップ1で手術適応と判断された場合、外科医は完全摘出を絶えず狙ってゆきます。ただ発生部位によっては完全摘出が困難な臓器(心臓はなくせません)や、容姿の悪化(顎や目がなくなるなど)や機能の低下(人工肛門の設置)など飼い主様が動物たちと共に生活を過ごして行く上で許容出来るか出来ないか話し合いもどこまで摘出するか決める場合もあります。下のイラストは腫瘍を摘出する際に、腫瘍の性質によって手術する範囲が変わることを示しています。

ステップ3:病理検査。摘出した腫瘍を病理検査に塊として提出し、顕微鏡レベルでの取り残しがないかの判断をします。下のイラストは腫瘍の細胞をみることで「良い」腫瘍なのか「悪い」腫瘍なのかを判断することを示しています。四角は細胞膜、丸は核を意味します。悪性腫瘍細胞は核の大小不同や細胞質と核の比率が違ったり、ひどきときには分裂像も認められます。

ステップ4:病理検査結果をもとに、根治、拡大手術、抗がん剤、放射線療法、インターフェロン療法等の治療など今後の治療方針を決定します。

 

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ