症例詳細

脛骨粗面剥離骨折

種 類 トイプードル
年 齢 7ヵ月
診療科目 外科 
症 状 左の後ろ足を挙げているとのことで来院。
症例の概要

若齢の動物には骨端(軟骨)板があり、骨の長さの成長を司っています。つまり、骨端板が良く耳にする成長板です。成長板は、外力に対する抵抗力がとても低く、若齢期の関節の外傷では、脱臼や靭帯断裂などよりも成長板骨折が起こりやすいです。

検査結果

まずは、一般的な犬の後肢の全体骨格を左の写真で示します。膝関節から下は、脛骨と腓骨からなっています。

脛骨粗面は右側の写真で、レントゲンで見るとこのように見ることができます。

 

 

 

 

 

 

下の写真では、真ん中の写真が発育途中の正常な脛骨粗面です。亀裂が入っているように見えますが、ここは成長板です。

脛骨には脛骨稜部分とその後方に連なる高平部下の成長板が混在しているデリケートな部分です。骨の成長途中にあるワンちゃんは下の写真のように成長板のラインがくっきり確認できます。

 

右の写真が脛骨粗面の剥離骨折の写真です。

脛骨粗面が大きく近位に変位し、遠位端が頭側方向に回転して離断しています。真ん中の写真と比べても違いは一目瞭然です。

 

 

 

治療方法

即日、外科手術を行いました。

固定法はキルシュナーワイヤー(Kワイヤー)とテンションバンドワイヤーで行いました。

 

 

 

 

術後の経過

術後は、安静に過ごすことが大切になります。

自宅に帰り、安静にできない場合は様子を見ながら入院、看護ケアホテル、ホテルでもお預かりすることが可能です。

 

これからは定期的にレントゲンで確認し、抜ピン手術を行うことになります。

 

成長期のわんちゃん特に小型犬は、落としてしまったり、強い外力が加わったりすると簡単に骨折してしまいますので、気をつけましょう。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ