症例詳細

胆石

種 類 ミニチュアダックス
年 齢 9歳
診療科目 外科  内科 
症 状 今年度始めの春のフィラリア検査時の健康診断で偶然胆石が発見されました。
痛みなどの症状は全くなく一般状態も良好でした。
症例の概要

犬や猫の胆石(胆泥も胆石と称する先生もいるが今回はリアルに「石」を胆石とします)は比較的まれな疾患です。問題を起こさない胆石もあるため内科治療で経過観察される場合もあります。今回問題を起こす可能性が高いため外科摘出を行いました。

検査結果

症状が無いため当初は利胆剤などを処方し経過を追っていたが、徐々に若干ながら拡大していった。

このまま経過を見ることは胆管に結石が詰まってしまうなど将来的に問題を起こす可能性があると考えられました。

治療方法

胆嚢切開

胆嚢を切開し、中に存在した大胆石と小さな小胆石を3つ摘出。内腔を目視と器具での探査で確認し、結石の取り残しがない事を確認。胆嚢摘出を行った。

胆嚢摘出後

上記写真は胆嚢摘出後の様子

術後の経過

胆石定規

摘出した胆石 大きな胆石の他に小さな胆石も摘出

大きな胆石よりも小さな胆石の方が胆管に詰まりやすいため今回摘出を行ってとても良かったと思います

結石分析結果:ビリルビンカルシウム(犬でよくある成分。人ではコレステロールが主成分)

お大事にしてください

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ