症例詳細

紐の誤食

種 類 猫 mix
年 齢 1歳
診療科目 外科 
症 状 お尻から紐が出てきた
症例の概要

今回の症例は腸管にダメージが出る前に処置が行えた極めて稀なケースです。

検査結果

お尻から紐がでている、と来院された。

元気食欲あり、一般状態に問題はなかったが、腹部エコーにてアコーディオン様の腸管が描出された。

スクリーンショット 2018-12-28 15.16.03

治療方法

症状は特になかったが、今後の悪化を防ぐために外科的処置を行った。

開腹し、空腸部にて異物の引っかかりを確認した。

虚血など起こしていなかったため、押し出して異物を除去した。

kousai blog2

 

 

術後の経過

体調問題なく、経過観察中

症例について

これから年末年始で、大掃除や親戚の集まりなど、いろんな行事があると思います。

その際、わんちゃんねこちゃんが人の食べ物や、おもちゃや紐などの異物を誤食しないように注意しましょう。

また、今回の症例のように紐がお尻からでてきた場合、引っ張らずそのままの状態で

お近くの動物病院で診てもらってください。

 

獣医師 香西

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ