症例詳細

糖尿病性ケトアシドーシス

種 類 雑種猫
年 齢 6歳
診療科目 内科 
症 状 数日前からの元気食欲低下、尿量及び飲水量の増加を主訴に来院。

検査結果

身体検査にて軽度脱水を認めたほか、血液検査にて高血糖(457)、尿検査にて尿糖及びケトン尿が検出された。

 

治療方法

入院管理下にて静脈点滴、給餌処置およびインスリン製剤の投与を実施。

術後の経過

入院翌日にはケトン尿も消失し、食欲も回復。その後は自宅でのインスリン投与にて良好な経過を辿っています。

獣医師 吉田

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ