症例詳細

猫の皮膚糸状菌症

種 類 雑種猫
年 齢 2ヵ月齢
診療科目 皮膚科 
症 状 症例は、保護された子猫です。
見た目は、全身に円形のかさぶたやフケがあり、特に頸部は腫れて塊のようなものが触れました。
本人には強い痒みがあったようです。
症例の概要

保護された子猫が健康診断に来院されました。身体検査にて、全身性の皮膚糸状菌症が認められたため、治療を行いました。

治療方法

まず第一に、患部とその周囲の正常化をはかるために、被毛を刈り取ります。この子の場合は全身に感染がみられたため、全身の毛刈りを行いました。

毛刈り後↓

 IMG_3524

 

局所の殺菌剤も併用しますが、今回は全身性ということもあり抗菌シャンプーを、

また加えて、抗真菌薬を併用して治療を行いました。

術後の経過

治療開始から1週間後

IMG_3667

 

治療開始から3週間後

IMG_3783 IMG_3784

ひどかった痒みや、頸部の腫れがひきました。

また発赤や痂皮が減少し、脱毛部位も含めて全身がふわふわの子猫らしい毛に覆われてきました。

ただし、被毛には真菌が生息している可能性が高いため、まだまだ要注意です。

症例について

皮膚糸状菌の感染経路はペットショップやブリーダー、野外での罹患動物との接触や、不顕性感染している母猫から子猫への乳汁感染などがあります。

また、動物から動物への感染以外にも、人へも容易に接触感染する人獣共通感染症です。

罹患した猫の被毛に付着する菌は長期にわたって生存し、感染源であり続けます。

そのため、再感染を防ぐためには飼育環境を徹底的に清掃・消毒することが必要です。

また多頭飼育の場合は隔離が必要ですし、人へ感染することもあるため罹患猫に触った後は手の洗浄や着替えなどが必要です。

 

淀川中央動物病院 本田

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ