症例詳細

瓜実条虫について

診療科目 内科 
症例の概要

今回は瓜実条虫という寄生虫についてです。ノミを介してワンちゃんやネコちゃんに感染する寄生虫で駆虫薬を飲ませるとともに定期的なノミの予防を行うことが大切です。

症例について

 瓜実条虫はワンちゃんやネコちゃんの腸管内に寄生する寄生虫でノミを介して感染します。条虫類は口や消化管という構造は持っておらず、体表から直接栄養を吸収しています。瓜実条虫は腸管内で宿主(感染したわんちゃんや猫ちゃん)の消化した餌を少しもらうことで生活をしています。少しもらって生活をしているというところが条虫の賢いところで、大量に感染しない限り下痢などの症状が認められないことが特徴です。なので便の中に米粒のような虫(条虫の一部)を見つけて連れてこられることが多いです。
 宿主の腸管内で成長した条虫は卵を含む体の一部(片節という)をちぎり糞便とともに外界へ排泄します。その後条虫卵はノミに摂取され、そのノミをワンちゃんやネコちゃんがグルーミングの際に摂取することで感染します。ですので条虫を駆虫するとともにノミの駆虫・定期的な予防を行い再感染を防ぐことが大切です。また瓜実条虫は人にも感染するので便を処理する際は手洗いする必要があります
 治療にはプラジカンテルという条虫に効果がある駆虫薬を投薬します。プラジカンテルは条虫の外皮を壊すことで駆虫効果を示します。これによって虫体は腸管での消化作用によって消化・分解されるためプラジカンテルの投与後は通常糞便中に虫体が排泄されるということはありません。ノミの駆虫が十分である場合は一回の投薬で済むことが多いです。
 今のような夏の暑い時期はノミの活動も活発ですので瓜実条虫などのほかの病気の予防のためにも定期的なノミの予防は大切です。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ