症例詳細

猫の骨盤骨折

種 類 mix
年 齢 3歳
診療科目 外科 
症 状 交通事故にあったかもしれない。後ろ足に力が入らず立てない

検査結果

ドイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レントゲン検査にて骨盤骨折(腸骨体3分割)が認められた。

骨盤腔は骨折した骨盤の変位により狭小化(狭くなっていること)している

股関節は脱臼などの異常は認められなかった

治療方法

ドイ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤構造(箱型)の破綻 骨盤腔の狭小化により排便困難となることが予想された

また後肢反射の減弱より大腿神経の損傷の可能性も疑われた。

現在の疼痛症状、将来的発生する問題、神経損傷の可能性があることから外科適応

プレート固定とワイヤー固定を併用し粉砕した骨盤の整復術を行った

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ