症例詳細

猫の胸水貯留

種 類 雑種猫
年 齢 15歳
診療科目 内科  循環器科 
症 状 呼吸が荒い じっとして食欲がなくなる
症例の概要

猫ちゃんは様々な原因から胸水貯留を起こします。

検査結果

X-rayにて胸水が認められたため、胸水抜去を実施した。

胸水検査の結果、漏出性胸水の可能性が高く、心不全所見も認められたため、心不全からの胸水として投薬開始した。

治療方法

投薬開始後、胸水貯留のスピードは落ちたが、完全にはなくならない状態が続いており、

定期的な検査と必要に応じた胸水抜去を実施している。

症例について

猫では胸水貯留は珍しい病態ではなく、様々な原因から胸水貯留が起こります。胸水貯留の原因は、胸水検査などを実施することである程度予想ができ、内服などで対応していくことになります。

症状としては、呼吸が荒いのが第一に挙げられますが、その他、食欲がなくなる、じっとしている、など、パッと見ただけでは肺の病気に結びつかないような様々な症状があらわれます。

ねこちゃんの様子がおかしいと思ったら、早めの来院をおすすめします。

淀川中央動物病院 緒方

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ