症例詳細

猫の歯磨き

種 類
診療科目 歯科 
症例の概要

猫ちゃんの歯磨きについて

症例について

今回は猫ちゃんの歯磨きについてです。

以前に歯石や歯磨きの重要性については書かれていますので、今回は具体的にどのように行うのかをお伝えしたいと思います。猫ちゃんの場合、口の中を見せてくれない子が多いと思います。そのため、ご家庭の猫ちゃんの歯や歯石の状態についてあまり確認できていないのではないでしょうか?ワクチンや健康診断で動物病院を受診した際に指摘され初めて気がついたという方も多いと思います。残念なことについてしまった歯石は歯磨きで取ることはできません。麻酔をかけての処置が必要になります。ですから、予防としての歯磨きが重要です。猫ちゃんの場合、嫌がる子が多いため歯磨きは毎日は行わなくて良いと思います。食後、自分で舐めたり、グルーミングなどを終えてゆったりくつろいでいるときに週1〜2回程度行うといいでしょう。

方法としては、デンタルシートを指に巻き、歯を磨くか、ハブラシにデンタルジェルを塗って歯を磨く、ハブラシが難しければジェルを指で歯に塗り付けるだけでもokです。

口の奥は指が入りにくかったり、噛んでしまう子はハブラシを使う方が良いかもしれません。そのときはあまり力を加えすぎないように注意して下さい。猫ちゃんが気に入ってもらえるようにバニラやチキンのフレーバーつきのジェルもあります。ご自宅の猫ちゃんに合った方法で歯磨き試してみてくださいね。我が家の猫でも試してみました。

シーフード味のジェルを気に入ったみたいです。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ