症例詳細

猫の歯垢、歯石除去について

症例の概要

猫さんの歯周病(特に歯垢、歯石除去)についてお話します。

検査結果

下記、症状を訴え来院されるオーナー様が多数いらっしゃいます。

みなさんの愛猫さんに思い当たる症状はありませんか?

・口臭がきつい

・よだれが多い

・食欲が落ちた

・昔はフードを嚙みながら食べていたのに、最近、フードを丸のみしている

・フードを食べにくそうにしている

・フードを食べるときに奇声を上げる

・口をくちゃくちゃしていることがよくある

・口から血が出ることがある

・元気がなくなった

・歯に歯垢、歯石が付着している

 

 

治療方法

程度にもよりますが、基本的には下記処置を行います。

歯面、歯周ポケットの歯垢、歯石除去(スケーリング)〜ポリッシング(歯面研磨)〜洗浄

症状、程度により抜歯が必要になる場合もあります。

※これらの処置は全身麻酔下で行います。

術後の経過

ご来院いただいた多くのオーナー様には、

・こんなにきれいになるなんて

・口のにおいがしなくなった(お家のにおいまで変わったと仰るオーナー様も)

・食欲が戻った

・以前の元気が戻った、若返った

等々、ご満足の声を多数いただいております。

症例について

歯周病は、歯垢中の歯周病関連細菌に対して、宿主の炎症性反応の結果、引き起こされます。

歯周病は歯肉の他に、歯根膜、セメント質および歯槽骨のより深い場所の歯周組織まで炎症が波及することが多い疾患です。

一般的に、歯周病は徐々に進行するので、どの時点で病院に行こうか、迷っている間に病状が悪化しているケースが多く、そこがこの疾患の怖いところです。

また、猫の場合は口内炎を併発する症例も少なくありません。

愛猫さんに上記症状がある場合、病状を悪化させてしまう前に、当院にお気軽にご相談ください。

当院では、歯周疾患についても多数の患者さんにご来院頂き、様々な症例の歯科処置、治療を行っております。

また、麻酔に関すること、費用等についてもお気軽にご相談ください。

 

獣医師 高野儀之

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ