症例詳細

猫の中足骨骨折

種 類
診療科目 外科 
症 状 キャットタワーから落下してから後ろ足をびっこをひいて歩く との主訴で来院されました。

検査結果

 

落下にて後趾中足骨を四本全て骨折していた症例です

 レントゲン検査にて後ろ足の中足骨が4本とも折れていることが判明

治療方法

1~2本の骨折の場合、骨折の部位やズレ具合によっては外固定で治癒できることもあるのですが、さすがに4本とも折れてしまっていては、位置のズレが生まれてしまうため手術適応となります。

手術の方法はピンを一本一本折れた骨に入れて骨折面が動かないようにしていきます。

今回は術後2ヶ月を過ぎた段階で抜ピンを行いました。

 

猫は基本的に運動神経が犬より発達しているため1~2mの落下ではそう骨折はしませんが、肥満や運動不足はそのリスクをかなり上げてしまうので注意しましょう。

 

獣医師 菅木

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ