症例詳細

狂犬病予防接種

種 類
診療科目 リハビリ・予防医療科 
症例の概要

人獣共通感染症である狂犬病はアジア・アフリカを中心に毎年55000人が命を落としている恐ろしい病気です。日本では年に一回の予防接種が義務づけられています。

症例について

狂犬病は犬から人に移る病気で、最も恐ろしい病気です。

1950年以前、日本国内では多くの人が狂犬病に感染し死亡していました。このような状況を受け、犬の登録、予防接種、野犬等の抑留が徹底されるようになり、1957年の猫での発症を最後に、日本国内では根絶されました。

狂犬病は、狂犬病ウイルスを原因とする感染症で、すべての哺乳類に感染します。ウイルスは咬まれた部位から唾液を介して体内に侵入します。感染した犬は凶暴化し、全身が麻痺して死亡します。人の場合も、発症した場合には治療方法がないため、咬まれてすぐに治療を行わないとほぼ100%死亡します。

 

狂犬病はアジア・アフリカを中心に今も全世界に存在し、毎年55,000人が死亡しています。人や物の行き来がグローバル化しているなか、感染動物が輸入される可能性は十分にありえます。出入国時のチェックは厳しく行われていますが、狂犬病はハムスターのような小さな哺乳類にも感染するため、すべての動物を完璧に調べるのは不可能です。

そこで万一の場合に素早くしっかりと発生の拡大と蔓延の防止をはかるため、毎年、国内の犬に予防接種が義務づけられています。

 

「日本に狂犬病はないから…」「ウチの子は咬まないから…」という理由で今まで接種していない方もいらっしゃるのではないでしょうか。予防接種は、病気という危険に対する保険です。大切な家族であるわんちゃんを、ご自身を、そして周りの人を守るためにも、年に1回の予防接種を確実に行いましょう。

 

 

なお、6月1日から大阪市の委託を受け、当院において「犬の登録(鑑札の交付)」「狂犬病注射」「注射済票の交付」の手続きを行うことができるようになりました。(*大阪市内在住の方のみ)

区役所からご自宅に送付された注射の案内通知に同封されている証明書をご持参の上、ご来院ください。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ