症例詳細

犬・猫の健康を害する食品

診療科目 内科 
症例の概要

犬や猫が食べると危険な食品は数多く存在します。

症例について

私たち人間が普段何気なく食べている食品の中にも、ワンちゃんやネコちゃんの健康を害してしまう恐れがあるものがいくつもあります。今回はその中の例をいくつかピックアップして説明します。

 

〇ネギ類

タマネギなどのネギ類には犬や猫の赤血球に対して毒性のある物質(アリルプロピルジスルファイド)が含まれていて、これを摂取することにより溶血性貧血が起こります。加熱してもこの成分は分解されず、ハンバーグなどタマネギが含まれている加工食品、タマネギのエキスがしみ出たみそ汁やすき焼きの煮汁なども要注意です。

タマネギ中毒のときに出てくる異常な赤血球

 

また、ニンニクやその抽出物を摂取した場合、貧血や皮膚炎、喘息発作などを起こすことがあります。

ネギ類はユリ科に属する植物でもあるので、ユリ科の観葉植物(チューリップなど)についても誤って口にすることがないように注意してください(なかには、中枢神経系に強い作用をもつものもあります)。ヒト用のベビーフードにもタマネギが含まれているものが多いため注意が必要です。

○チョコレート・カカオ類

カカオには、心臓血管や中枢神経に作用するテオブロミンという物質が含まれています。犬はこの物質に対する感受性が高く、チョコレートなどを大量に摂取すると嘔吐や下痢、頻脈、興奮、痙攣、突然死などを起こします。コーヒーに含まれるカフェインにも同じような作用があります。

○キシリトールを含む食品

キシリトール入りのガムを食べた犬が急激な低血糖を起こしたという報告があります。キシリトールによって血漿インスリン濃度が急激に上昇したためと報告されています。また嘔吐、肝不全などを起こすおそれもあります。

○イカ、タコなどの魚介類やカニ、エビなどの甲殻類

生の魚、イカやタコ、スルメなどは消化が悪いので、下痢や嘔吐の原因になったり、のどに詰まらせてしまうこともあります。また、生のイカや貝などの魚介類や、カニ、エビなどの甲殻類にはビタミンB1を分解する酵素(チアミナーゼ)が含まれているため、猫に与えると体内のビタミンB1が欠乏して後脚の麻痺を起こすことがあります。この酵素は加熱により失活するため、与える場合は加熱調理して与えてください。

○ほうれん草

シュウ酸が多く含まれているため、与え続けるとシュウ酸カルシウム尿石症の原因になることがあります。

○にぼし、海苔

犬や猫には与え続けると、マグネシウムの過剰が原因となり尿路疾患を引き起こすことがあります。

○牛乳

離乳した犬や猫は牛乳中の乳糖を分解するラクターゼという酵素を十分に持っていないため、乳糖の量が増えると、消化・吸収ができずに下痢を起こす場合(乳糖不耐性)があります。

○香辛料

刺激性物質であるため与えないでください。

○塩分を多く含む食品

塩分の多いものを食べさせ続けていると、心臓や腎臓の障害を引き起こす危険性が高まります。

○生肉

食中毒や消化器障害を生じる危険性があるため与えないようにしてください。

○ブドウ

ブドウ(干しぶどうを含む)を食べた犬が中毒を起こした例があります。また、 犬や猫にとって腎不全の原因なることもいわれているため、与えないでください(特にブドウの皮)。

○鶏の骨

鶏の骨は縦にさけやすく、鋭利な形状となり、のどや消化管を傷つけることがあるため、与えるのは避けましょう

○α-リポ酸

これを含むヒトの健康食品を摂取したネコで、消化器症状や肝障害などがあります。動物の手や口の届くところに薬やサプリメントを置かないようにしてください。

 

ここに紹介した「犬や猫の健康を害する食品」はあくまで一部です。何か誤って食べてしまった、調子がおかしいなどありましたらすぐにご相談ください。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ