症例詳細

犬の骨折、抜ピン

種 類 チワワ
年 齢 2歳
診療科目 外科 
症 状 抱っこしていたら、腕の中から飛び降りた。
キャンと激しく鳴いて左前肢を拳上している。
症例の概要

左手の甲の骨(中手骨)を4本骨折。ピンを入れる整復手術を行い、その後、超音波などで骨増生を促しながら管理を行いました。2か月後、骨が十分に再生してきたため、抜ピンの手術を行いました。

検査結果

レントゲンにて左手の甲の骨(中手骨)の骨折を確認。(上)

 

四本ある中手骨全てが折れてしまっています。

治療方法

即日、修復のオペを実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

術後の写真です。四本のピンが入っています。

術後の経過

二か月間、超音波など使いつつ、骨増生を促し、だいぶ骨ができてきたということで、先日抜ピンの手術を行いました。

術後は再骨折などないよう、外固定(ギブス)をはめて、入院にて安静にしてもらっています。

 

一週間ほどで退院となり、その後外固定も取れて、骨が完全につけば、晴れて治療終了となります。

 

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ