症例詳細

犬の混合ワクチン

種 類
診療科目 リハビリ・予防医療科 
症例の概要

感染すると命に関わるような感染症は、混合ワクチンを接種して予防することが大切です。ワクチンの種類にはいくつかあるので、それぞれのライフスタイルに合わせて選んでいきます。

症例について

混合ワクチンはウイルスや細菌(レプトスピラ)による伝染病に対する免疫をつけるために、生まれたばかりの子犬さんでは1ヶ月ごとに3回、その後は年に1回接種します。 特にウイルスによる伝染病の治療は困難であるため、予防が重要となります。

 

混合ワクチンで予防できる犬の病気には以下のものがあります。

 

○犬ジステンパー:高熱が出たり嘔吐や下痢をし、神経症状を起こす場合もあります。特に子犬では死亡率が高い伝染病です。

○犬伝染性肝炎:高熱が出たり嘔吐や下痢をし、時には目が白く濁ったりします。全く症状を示さずに突然死亡する場合もあります。

○犬アデノウイルス2型感染症:風邪のような症状を示し、特に他のウイルスや細菌との混合感染により重篤化します。

○犬パラインフルエンザ:風邪のような症状を示し、アデノウイルスなどとの混合感染が起こりやすく、重篤化します。

○犬パルボウイルス感染症:食欲がなくなり衰弱し、時には血液の混じった激しい下痢がみられます。伝染力が強く、非常に死亡率が高い病気です。

□犬コロナウイルス感染症:主に嘔吐や下痢、脱水を起こします。子犬ではパルボウイルスなどの二次感染を誘発し、重篤化します。

◇犬レプトスピラ感染症(カニコーラ、ヘブドマディス、コペンハーゲニー):腎炎と肝炎を呈することが多く、急死することもあります。また犬だけでなく、人にも感染します。

 

当院では5種(上記の○の病気)、6種(○+□)、8種(○+□+◇のコペンハーゲニー以外)、9種(○+□+◇)のワクチンをご用意しております。

それぞれのライフスタイルに合わせて選んでいきますので、お気軽にご相談ください。

 

また、まれにワクチンの副作用(ぐったりする、顔が腫れる、舌が青くなる…など)が出てしまう場合があります。

ワクチン接種後はなるべく安静にし、様子をよく観察してあげてください。 そして、なにかおかしいと思ったらすぐに病院にご連絡ください。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ