症例詳細

犬の歯について

種 類
診療科目 歯科 
症例の概要

犬の歯には人とは違うところがいくつかあります。歯周病になりやすいため、デンタルケアが重要です。

症例について

ご飯を食べている時や、あくびをした時、パンティングをしている時、ハミガキをしている時など、わんちゃんの歯を見る機会は多いですよね。
そんな時、わんちゃんの歯と私たちヒトの歯が全然違うことに気付くと思います。

そこで、今回はわんちゃんの“歯”についてです。

まず、歯の数ですが、成人では、親知らずを含めて、32本です。比べて、成犬では、42本と、10本も多いんです。また、ヒトでは隙間なく生えていますが、わんちゃんでは、隙間があります。
わんちゃんの歯列

ヒトの歯列

次に歯の形です。ヒトでは、奥歯は食べ物を擦り潰せるように平らな形ですが、わんちゃんの場合、食べ物を飲み込める大きさに切り裂くためにほとんどが尖った形です。

また、ヒトでは虫歯がよくみられますが、わんちゃんではほとんどみられません。これは、ヒトの唾液にはデンプンを分解するアミラーゼが含まれていますが、咀嚼を行わないわんちゃんの唾液には含まれません。そして、口内環境は人では弱酸性ですが、わんちゃんでは、アルカリ性です。

これら、歯が尖っていて食べ物が歯のくぼみや隙間に溜まりにくいことや、口内がアルカリ性で虫歯菌が繁殖しにくいことなどから、ヒトと比べてわんちゃんは虫歯になりにくいのです。

しかし、わんちゃんは口内がアルカリ性であるので、歯石が溜まりやすく、歯周病になりやすいです。
そこで、歯石の付着防止のため、ハミガキを行うことがとても大切になります。

当院では、いろいろなデンタル用品を用意していますので、わんちゃんに合ったデンタルケアをご提案させていただけます。いつでもお気軽にご相談下さい。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ