症例詳細

犬の右橈尺骨横骨折

種 類 ポメラニアン
年 齢 6ヶ月齢
診療科目 外科 
症 状 6ヵ月齢のわんちゃんが、高所から飛び降りた直後から、右の前肢を挙上しっぱなし。
痛がって足を地面に着けないとの稟告で来院されました。
症例の概要

犬の橈尺骨横骨折

治療方法

院内にて、右前肢の橈尺骨横骨折が確認され、本人がとても痛がっていることもあり、来院いただいた当日の夜にオペを実施させていただきました。

オペは、レントゲン写真のとおり、ロッキングプレートを用いた整復術を実施しました。

術後の経過

術後は、絶対安静で、外固定を付けて生活します。これからの予定としては、検診に通っていただき、レントゲン撮影、骨の癒合具合を見ながら外固定を外し、脱ボルトを実施していきます。

小さなわんちゃんはいつも元気いっぱいです。オーナー様が目を離した隙に、今回のような不運な事故に遭うケースもしばしば。骨折した際は、今回の事例のように、痛くて足を挙上しっぱなし…というのが特徴的な症状です。

日々、事故が起きないように気を付けてはいても、どんなにかわいいわんちゃんであっても、24時間、目を離さずに監視しつづけることはほぼ不可能です。

そこで大切なことは、愛犬が上ってしまうような中途半端な高さの家具等を置かない、これに尽きます。骨折は、施術後も安静にしなければならない期間も長く、治癒までにとても時間のかかるもの。

一見、当たり前のように聞こえますが、愛犬のための生活環境づくりがとても大切です。

獣医師 高野儀之

症例について

犬の橈尺骨横骨折

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ