症例詳細

犬のコクシジウム症

種 類
年 齢 3ヶ月
診療科目 内科 
症 状 症状は特になく、健康診断で来院された
症例の概要

コクシジウム症は犬の消化管内寄生虫症のひとつです。

検査結果

糞便検査の結果コクシジウムのオーシストが検出された

治療方法

院内にて駆虫薬を経口投与

術後の経過

投薬から1週間後、2週間後と2回糞便検査を行い、両日ともにコクシジウムのオーシストは検出されず

今後も定期的に糞便検査を行う予定

症例について

コクシジウム症は糞便にオーシスト排泄がされるため、食糞などにより経口感染し、

一度感染すると再感染を起こしやすく、若齢犬では重篤になりやすい病気です。

コクシジウムのオーシストは糞便中に排泄され外界に出てから1~2日後に感染力を持つので、なるべく早く糞便を除去することが大切になります。

また、このオーシストの抵抗力は強いので処分できるものは処分してもらい、食器などの熱湯消毒できるものは熱湯消毒してください。

 

今回の症例では下痢や血便の症状は確認されていませんが、感染した犬では下痢や血便の症状がみられることがあります。

コクシジウムのオーシストや他の寄生虫の虫卵の検出には糞便の塊が必要となります。

下痢や血便の症状を主訴に来院される際は、このような寄生虫の虫卵やオーシストの有無を確認できるよう糞便を塊で持参していただけると早期発見、早期治療に繋がります。

 

獣医師 香西

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ