症例詳細

犬のアレルギー性皮膚炎

診療科目 皮膚科 
症例の概要

イヌの臨床で問題となる「アレルギー性皮膚炎」
完治させることは、難しいので付き合っていくためにそれぞれの犬にあったケアを見つけていきましょう!

症例について

「アレルギー」という言葉を聞いたことがない人はおそらくいないでしょう。アレルギーとは簡単にいうと「なんらかのトラブルによって、体の免疫システムが自分の体を攻撃してしまっている状態」を指します。また、アレルギーを引き起こす原因を「アレルゲン」と呼びます。ヒトでは研究が重ねられているものの、難治性のものを完治させることは残念ながらまだできていないようです。

アレルギーは、皮膚、消化器、呼吸器などに炎症を起こしますが、特にイヌの臨床で問題となるのは「アレルギー性皮膚炎」です。

アレルギーの要因は足し算で積み上がっていきます。たった1つの原因だけで発生することはあまりありません。そのため、アレルギーの原因を見つけ出し排除していくうちに、徐々に炎症は軽減していくはずです。最近は血液検査でのアレルゲンの特定も進歩してきていますが、アレルギーは様々な免疫システムの関与により発症するため、信頼性が100%の検査ではありません。そのため状況に応じて飼い主さんと相談しながら、血液検査を行うか否かを決めています。

イヌのアレルギーの原因は大きく分けて ①周辺環境 ②遺伝 ③食生活 に分けられ、周辺環境はさらに A)空気沈遊物(花粉や媒煙) B)体に触れるもの C)精神的ストレス の3つに分かれます。

対処の基本は「怪しいものは徹底して排除し、接する素材の種類を減らす。やむを得ず接触したら、なるべく洗い流す」ことです。獣医療の言葉でいうところの「抗原の回避」です。

アレルギーの治療としては上記の ①抗原の回避 の他に ②皮膚バリアの機能の改善 ③抗炎症・免疫抑制療法 があります。①は飼い主の細やかなケアで行われるもので、周辺環境を改善することで犬のアレルギーは減らすことができます

[体に触れるもの]

体の下面、四肢や顎の下がひどい湿疹になっている場合、床材や草むらとの接触を疑います。公園や河川敷の草地に入らないようにするだけで劇的に改善するイヌもいます。

家での環境の改善は少々大変です。私たちの家には様々な素材のものがあり、イヌは広くそれらと接触しています。そのため、まずイヌに接触する素材を絞り込み、原因を突き止めましょう。サークルを設置し、行動範囲を狭めるのは効果的です。またこまめに掃除し、素材はヒトにもイヌにもやさしいものを選びましょう(木綿、化学繊維、ステンレスの食器など)。素材以外に、ダニアレルギーが非常に多く見られます。これにはダニが生息しにくい環境づくりと徹底した掃除が有効です。

上記のようにシンプルにした環境でしばらく経過をみます。これで改善が見られるようなら、排除した素材のどれかがアレルゲンであったという推測ができます。アレルギーの再発をよく観察しながら、少しずつ環境を戻していきましょう。

[空気沈遊物]

これはなかなか難しい問題です。気温と湿度が上昇するだけでアレルギー症状が悪化するイヌも多いため確定は困難ですが、春~夏にかけて症状が悪化するようなら花粉や草木との接触を疑います。

その他、マイクロダストに強い掃除機を使う、朝一の室内の浮遊ダストが床に落ちているところをそっと静電気モップで掃除する、たばこをやめる、など、ヒトの喘息対策と同様の対処が有効です。

今回は抗原、特に体に触れるものや空気沈遊物の回避についてのお話でした。次回は免疫療法の一つ、インターフェロン製剤についてお話していきたいと思います。

 

淀川中央動物病院 本田

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ