症例詳細

犬と猫のワクチンについて

種 類 犬、猫
診療科目 リハビリ・予防医療科 
症例の概要

今回は犬と猫のワクチンについて簡単にご紹介させていただきます。

症例について

 これから紹介する病気は、単独感染しても大変恐ろしい伝染病ですが、さらに混合感染すると症状が重くなります。これらの伝染病を防ぐには、自己防衛機能を高める『ワクチン接種』が必要です。

○犬用ワクチン

  1. 犬ジステンパー                                                  高熱、食欲不振、鼻の乾燥、呼吸器症状、消化器症状、中枢神経症状等。特に幼犬、老犬では死亡率が高い。
  2. 犬パルボウイルス感染症                                              心筋炎型と腸炎型に分かれ、心不全による突然死や、激しい嘔吐、出血性の悪臭のある下痢が認められる。感染力が強く、死亡率も高い。
  3. 犬伝染性肝炎(犬アデノウイルスⅠ型)                                       高熱、元気消失、鼻汁、目やに、嘔吐、下痢、黄疸等。急性のものでは原因不明のまま死亡することも。子犬の場合は一晩で死亡することも。回復期には角膜白濁(ブルーアイと言われる)が認められることも。
  4. 犬アデノウイルスⅡ型感染症                                            咳を頻繁にする呼吸器症状。放置すると肺炎にまで発展することも。
  5. 犬パラインフルエンザ                                               突然のしつこい咳、鼻水。重症化すると気管支肺炎まで進行することも。
  6. 犬コロナウイルス感染症                                              パルボウイルス感染症によく似ていて、嘔吐、下痢等の消化器症状等。
  7. 犬レプトスピラ(ヘブドマディス)感染症
  8. 犬レプトスピラ(カニコーラ)感染症
  9. 犬レプトスピラ(コペンハーゲニ―)感染症                                     腎炎を起こすタイプと、出血を伴う黄疸を起こすタイプがあり、発症後23日で死亡することもあれば、慢性の腎炎に移行することも。                                                                                                                            

※当院では5種(上記15)、6種(16)8種(18)、9種(19)のワクチンをご用意しております。

 

○猫用ワクチン

  1. 猫ウイルス性鼻気管炎                                               初期は発熱、食欲不振、鼻風邪程度の軽い症状で、くしゃみや結膜炎で涙が出たりする。症状が上部気道に進むと呼吸困難、気管支炎、肺炎を起こし重篤となる。また、消化器症状もみられ、子猫では症状が重く、死亡することも。
  2. 猫カリシウイルス感染症(FC-7
  3. 猫カリシウイルス感染症(FC-28
  4. 猫カリシウイルス感染症(FC-64)                                         猫ウイルス性鼻気管炎に似た症状を示すが、口内炎、舌炎がひどく、口の中の粘膜や下の先端に炎症性の水泡ができ、それが破れて潰瘍ができる。
  5. 猫汎白血球減少症(=猫伝染性腸炎)                                               発熱、食欲不振、嘔吐、下痢等がみられ、脱水症状も出て、体力のない子猫では1日で死亡することも。
  6. 猫白血病ウイルス感染症                                                   貧血、発熱、下痢、口内炎等に始まり、臓器障害を起こす。免疫機能が低下し、他の感染症に感染しやすくなり、併発すると病状は悪化し、発病すると34年以内に死亡する。
  7. 猫クラミジア感染症                                                眼の炎症から始まり、粘性の強い目やにを伴う結膜炎がみられる。ウイルス性の結膜炎より症状が長引き、慢性化しやすく、子猫で多くみられる。

 ※当院では3種(上記15)、5種(17)のワクチンをご用意しております。

 

 子犬、子猫へのワクチン接種は、生後約2ヵ月からはじめ、約1ヵ月間隔で子犬は2~3回、子猫は2回注射します。以降は、毎年1回注射で感染あるいは発病を防ぐために必要な免疫が得られます。出来るだけワクチン接種の回数や接種間隔を延長したい場合は免疫力がしっかりあるかどうかを調べる「抗体価検査」がありますので獣医師までお気軽にお尋ねください。

 ワクチンの選び方については、その子のライフスタイルに合わせたものをご紹介させていただきますので、当院獣医師、看護師スタッフにお気軽にお尋ねください。

                                                 獣医師 高野儀之

1

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ