症例詳細

熱中症

診療科目 リハビリ・予防医療科 
症例の概要

犬は熱を発散できる部位が少なく、特に短頭種は熱中症に気をつけなければなりません。もし熱中症になってしまったら、病院に連れてくるまでの間もしっかり体を冷やしてあげてください。

症例について

毎年、急に暖かくなり汗ばむ陽気となる今頃、意識を向けていただきたいのが「熱中症」です。

 

ワンちゃんが体の熱を発散させる方法は、人とは異なっています。

人は汗をかいて体温を下げますが、犬は汗腺が肉球にしかありません。

肉球からの汗と、あとは舌を出し、ハアハアと呼吸をすることによって(パンティング)、体内の熱を発散させています。

 

熱を下げる場所が少ないため、人にとってはそれほどでもない気温、湿度であっても、ワンちゃんの体温はあがりすぎてしまうことがあります。

特に今のような、気温が急にあがることのある季節は注意が必要です。暑くなりそうな場所に出かける場合は、気温の管理、十分な水分補給に気をつけましょう。

 

 

もし、ワンちゃんが熱中症と思われる症状で元気がなくなってしまったら?

 

すぐに病院に連れてきてもらうのが一番ですが、それまでの間にも、できるだけワンちゃんの体を冷やすようにしてもらうと、ワンちゃんも楽ですし、我々動物病院のスタッフも大変助かります。

 

ワンちゃんの体を冷やすときに、いくつかポイントがありますので、もしそんな場面にであったときに思い出してもらえればと思います。

 

車での移動の場合は、エアコンで室内を冷やすのはもちろんですが、体に直接水や冷たいものをつけて冷やすのも重要です。

アイスノン、冷たいおしぼりなど、体に密着させるときは、脇の下、股の間に入れましょう。また、アイスノンなどがなくても、霧吹きで直接水をかけるのも効果的です。

 

さて、なってしまうと怖い熱中症ですが、特に短頭種、フレンチ・ブルドックやパグなど、鼻がぺちゃっとしている種類は、熱中症のリスクが非常に高いので、よく注意してあげましょう。

 

 

短頭種は、呼吸器の構造上、他の犬種に比べ呼吸がしにくいという特徴があります。喉の奥にある「軟口蓋」という部分が長く、気管に入り込みがちなのも理由のひとつです。

P5030512-300x168

↑こちらは、短頭種の子に麻酔をかけたときの喉の奥です。見づらいですが、気管チューブの上にへたのようなものが乗っているのがわかります。これが軟口蓋です。

 

そのため、いったん短頭腫の子の体温があがってしまうと、呼吸による体温調節が難しく、体温がなかなか下がらなくなってしまいます。

体温が高い状態が長く続くと、消化器、神経系などに重大な影響をおよぼすことがありますので、体温が上がってしまう前によく注意してあげましょう。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ