症例詳細

歯茎のできもの

種 類 ミニチュアダックス
年 齢 10歳
診療科目 歯科  腫瘍科  外科 
症 状 左下の歯がグラグラするとの主訴で来院されました。
出血は無く特に気にする様子もないとのこと。

検査結果

身体検査では左下後前臼歯の根元にピンク色のできものが認められ、歯自体も動揺していました。

できもの自体の境界は明瞭で口腔内には他にできもののようなものは存在せず、所属リンパ節(下顎リンパ節)の腫脹なども認められませんでした。

レントゲンにて歯根の吸収は確認されたが、下顎骨の融解像は認められませんでした。(肺転移なし)

バイオプシー(一部ちぎって)を行い病理検査に出したが、非上皮性悪性腫瘍の疑い、歯肉炎の可能性も否定できずとのコメント。

事は重要であったため(検査結果によっては下顎切除が必要)別の病理検査ラボに再度依頼。

化膿性肉芽組織/ただ巨細胞性エプーリスの可能性もあるとの結果。

②2②3

 

治療方法

病理検査結果より良性腫瘍に部があるため、オーナー様と相談し歯肉MASSギリギリの切除と融解した歯を摘出し、フラップ術を行った。

IMG_3599IMG_2297

 

 

術後の経過

IMG_3731術後の経過はかなり良好で、費用面で病理検査は望まれ無かったため(悪性であっても下顎切除はしない方針でもあったため)確定診断までは至ることはできませんでしたが、その後は全く問題なく再発も無いため良性の腫瘤であったと症状から判断できました、ホッ。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ