症例詳細

椎体骨折

種 類
診療科目 外科 
症 状 交通事故にあった猫ちゃん。後肢がマヒしていました。
症例の概要

椎体の骨折の原因は交通事故で急に骨折することや、腫瘍や内分泌疾患などで徐々に骨が弱り骨折する(病的骨折)があります。我々臨床の現場では椎体骨折のほとんどの原因は交通事故で、稀に腫瘍による二次的骨折に遭遇します。

検査結果

椎体が完全に変位し脊髄は断裂していました。(上)

治療方法

脊髄の機能回復は見込まれない状態でしたが、その後の疼痛の軽減や看護ケアのし易さを考慮し、椎体固定術を行うことになりました。

 

椎体固定のポイントは最低2種類の固定具(ピン・スクリュー・プレートなど)を同時に使うことです。

今回はスクリューを用いたプレート固定法と同時に棘突起(脊椎の背中側の突起)をワイヤーで固定しました。

 

 

症例について

椎体とは背骨のことをいい、頸椎・胸椎・腰椎・仙椎・尾椎といった場所に分類されています。

ヒトは頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個から造られており、犬・猫は頸椎7個、胸椎13個、腰椎7個で動物種により若干の違いがあります。

 

椎体の骨折の原因は交通事故で急に骨折することや、腫瘍や内分泌疾患などで徐々に骨が弱り骨折する(病的骨折)がありますが、我々臨床の現場では椎体骨折のほとんどの原因は交通事故で、稀に腫瘍による二次的骨折に遭遇するといった具合です。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ